アリスカルディア数秘術☆生命数秘術ブログ

アリスカルディア数秘術のブログです。

数と色の不思議な関係

 

f:id:animandala:20180403072920j:plain

 

 

昨年末から、今年に入ってイベントやらメデイアの立ち上げ

などなど、予定が重なったのと元来の遅筆もあって

新年にブログを書いたきりになっておりました…(^ ^;)

 


気がつけば、桜の季節 🌸

(今年はペースが早く、今週には散り切っちゃいそうですね〜。)

 


新年度となり、もうちょっと更新頻度を上げていかなきゃですね 😊

 

 

そんな中、

TwitterFacebookではその様子をご報告させて頂きましたが

初のアリスカルディアの講座を2月末に開催いたしました 🖌

 

 

2日間の、みっちり講座の後、

さらに+α オンライン講座 のWebサイトも公開!💻

 

そちらのビデオ補講にて、

ベーシックプログラムの全課程を終了いたしました。

 

mas.arithkardia.com

 

 

参加者にはセラピストとして活動している方が数名いましたが

強力なサポートツールになる!と、嬉しい感想をいただきました。

 

 

f:id:animandala:20180402153635j:plain

 

 

参加者の中には、講座後1週間程度で

200名を超えるソウルマンダラチャートを作った!という猛者もいて

その熱心さというか、ハマり具合に脱帽いたしました 💡

 

 

第一期は終了いたしましたが、

その後もお問い合わせ多数&好評につき

第二期ベーシック講座の募集も予定しております。

 

 

現在、日程を調整中ですが、

 

6月前半に第二期ベーシック講座 を、

6月後半にプロセラピスト講座 を開講予定です。

(一期生、二期生どちらもご参加可能。)

 

近々正式にお知らせいたしますので、いま暫くお待ちください 🍀

 

 

 

数と色の不思議な関係

 


さてさて、冒頭にも書きましたが、

時折肌寒さを感じることがあるものの

もうすっかり暖かくなり、桜舞い散る春ですね〜 🌸

 


桜の花といえば、淡いピンク。

 

淡いピンクといえば、数秘では11のシンボルカラーです。

 

 

f:id:animandala:20180402161713j:plain

 

 

そんな連想から、今回は色の話をしようと思います。

 

数秘にはそれぞれシンボルカラーがあります。

 

 

 

数秘1は能動的で情熱的な炎の ” 赤 ” がシンボルカラーですが

数秘2は、その赤い炎、光を優しく受け止め、

反射する淡いピンクとして象徴されます。

あるいは、赤(数秘1)と、黄(数秘3)中間色のオレンジ

 


数秘は数秘というだけあって、数から万象を紐解く叡智ですが

数とは、いわば宇宙の原理を、最小単位に抽象化したもの

ということができます。

 

 

数は、様々な波長として、

音に変換することも、色に変化することも可能です。

そのため、色と数の結びつきに関する知恵も重視されてきました。

 

光のスペクトルの七色(数秘1〜7)が、そのまま数と対応しています。

 

 

 

f:id:animandala:20180402160511p:plain

 

 


あれ?ちょっと待って、七色ですって?8や9はどうなるの?

 

数秘1の赤から始まり、数秘7の紫までの七色で対応は打ち止め?

 

いえいえ、もちろん続きがあります。

 

 ・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

7という数は、新たな領域、次元への橋渡しの数。象徴は紫。

 

黄昏から夜へと移る狭間に現れる色が、七色の最後の色です。

 

この世界の目に見える世界と、見えない潜在世界の扉を開き、

 

つなぐ数であり、色でもあります。

 

 

f:id:animandala:20180402161138j:plain

 


つまり、7以降は、色の基本スペクトルを超えた象徴 になります。

 

数秘8のシンボルカラーは

数秘8は、権威や力、お金、王冠 と結びつけられることから

金というシンボルカラーは、ある意味でわかりやすいと思います。

※もう一つ、マホガニー(焦げ茶)も8のシンボルカラーになります。
こちらは9のところで解説する複合色の一つ。


でも、ここでちょっと注意も必要。

金というのは色であって色ではない のです。

 

 

f:id:animandala:20180402163420j:plain

 


金や銀などの金属光沢は、鏡面反射と言われる一次元上の

周囲全てを映し出す、特殊な反射構造を伴います。

色というよりは マテリアルの領域 です。

 


そして 数秘9は、

銀、もしくは、白、黒、グレー、七色、透明 になります。

数秘9だけ、カラーシンボルが沢山ありますね…?

 

いえいえ、そうではないのです。

これら数秘9のカラーシンボルは

本質的には全て同じものを象徴 しています。

 

9はどんな数と足し合わせても、単数変化すると相手の数 になります。

 

f:id:animandala:20180403091206p:plain

 

 

それゆえ、全ての数を映し出す数と言われたり、内包する数 と言われます。

絵の具を沢山混ぜていくと、どんどん濃くなり、黒へと近づきますよね。

(実際には絵の具の特性で、黒に近い焦げ茶です。焦げ茶は8のシンボルカラーになります。8はこの世を収める王の風格の数であり、焦げ茶はそうしたシンボルです。)

 

 

あるいは、光の三原色に基づけば、

全ての色が含まれた発光は、白色になります。

色の基本要素であるRGB(光の三原色)の

全ての光量が最大値なら、白。全ての光量が失われれば黒。

また、全ての色が同量ならグレーになります。

 

白、黒、グレーは、つまりは

全ての色が、均等に一つとなって重なった時の色

ということになります。

 

これらには 光量の違い しかありません。

また、これらが、金のような

鏡面反射を持つと、銀色、すなわち となります。

 

 

f:id:animandala:20180402163503j:plain

 


また、反射ではなく、

光がガラスなどの透明なものを透化すると、七色に分光 します。

これが虹の七色ですね。

沢山あるようで、全ては同じ9の性質を表したものなんですね〜。

この 多面性自体も9の性質 をよく表しています。

 

・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

このように、各数とシンボルカラーは、

同じ象徴の表れの違いとして、連動しているんですね。

 


数秘を楽しむ時には、ぜひシンボルカラーも覚えてみてください。

色はそれ自体が、光の波長であり、エネルギーであります。

 

いわば数が、光エネルギーとして現れたもの

ということができます。なので、

 

具体的に特定の色は、特定の数が持つ力を強めたり抑制するなど

カラーセラピーとして使ったり、ユニークなところでは、

数と色による共感覚訓練法として感受性の開発に利用できます。

 


簡単な使い方としては、ソウルナンバーのカラー

ファッションやアクセサリーなど身近に取り入れると

心を安定させたり、あなた自身を素直な状態に保つ のを助けます。

 

また、ライフマスターナンバーの色 を使うと、成長や目標達成、

夢実現などなど、人生の目標を達成する方向へ後押しをしてくれます。

 

※アリスカルディア数秘術と色の対応は、ピュタゴラス系の数秘学や現代数秘術をベースにしています。
カバラ数秘術の場合、カバラ特有の生命の樹との対応で色が異なります。

※マスターナンバーは、数秘9や8の焦げ茶のような、特徴的な複合色になりますが、
今回は省略させていただきました。
単数の色 11(2)22(4) 33(6) も使えるので参考にしてください。

・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

■ インフォメーション(関西圏の方へ)

 

 

ゴールデンウィーク、出張で京都へ行きます。

 

5月1日(火)、京都駅周辺のカフェ等で対面鑑定の受付可能 ですので

 

ご希望の方は、フォームにてお問い合わせ・お申し込みください。

 

セッションメニュー・フォームはコチラ

 


🍀 4月28日、29日は、観音企画主催の以下のイベントに参加。

 

 

 

 

 


4月29日(日)のイベントでは、私もゲストとして登壇いたします。

 

また、30日(月)は、同じく京都で

 

数秘も絡んだテーマでのトークイベントを、急遽開催することになりました。

 

詳細は、コチラです。

4月30日 京都 -2018-年運11 秘術の観点から明らかにする時と存在の深み

 

f:id:animandala:20180412053528p:plain